2025年へ向けた「組織マネジメント」セミナー
様々な特性を持つ「人」の理解とマネジメント

ダイバーシティの推進や働き方改革、ニューノーマル社会など、組織や労働者の価値観が急激に多様化している昨今、次世代を担う管理監督者層のマネジメント能力の育成は、組織運営にとって最重要課題となっております。2025年には国民の4人に1人が75歳以上という超高齢社会に突入し、少子高齢化はさらに加速することが想定され、労働力人口の減少社会における組織づくりは、待ったなしの状態となっています。人々の個性や特性を理解することが未来の組織づくりのカギとなることを、対人関係精神分析、組織心理コンサルの専門家から学びます。

開催概要

日時 2021年2月24日 13時30分から15時30分
定員 80 名(申込先着順)
開催方法 Webセミナー(Zoomによるライブ配信)
参加費 無料
主催

Man to Man Group

  • Man to Man 株式会社
  • Man to Man Animo株式会社
  • Man to Man Passo株式会社
後援

名古屋大学

プログラム

企業、組織、団体に属する【管理監督者】層向け

第一部
発達障がいのカラクリについて

若者たちの心の心理と裏側を読み解く
名古屋大学 鈴木 健一 様

第二部
障がい者雇用に学ぶ組織づくり

企業の雇用事例からヒントを掴む
株式会社不動産SHOP ナカジツ 様

第三部
様々な個性を活かした組織づくり

心理的支援の有効性と組織活性化のシステムづくり
名古屋大学 松本寿弥 様

第四部
意見交換セッション

課題と取り組みの共有
Man to Man 株式会社

講師紹介

心理学博士 鈴木 健一

名古屋大学学生支援センター副センター長
心の発達支援研究実践センター教授

専門:対人関係精神分析 臨床心理学

臨床心理士 公認心理師 松本 寿弥

名古屋大学学生支援センター講師

専門:臨床心理学 組織心理コンサルテーション

事例発表

株式会社不動産SHOP ナカジツ

[誰もが自分らしく輝ける「強くて優しい世界一のカイシャ」になる]を理念に障害者雇用を展開している